アニバーサルドリームの社名に込めた熱い想い

夢を持つ万人の記念日を心で彩り、企業として成長していきます!

アニバーサリー×ユニバーサル=アニバーサル。

社名であるアニバーサルドリームの「アニバーサル」には、万人の暮らしを意味する「ユニバーサル」と、記念日を表す「アニバーサリー」を組み合わせた造語です。

私たちの写真スタジオには、日本国内のお客様だけでなく、これから、よりグローバルな時代を迎えるにあたり外国の方々も多く訪れていただきたい。そして私たちが世界に発信していく機会も間違いなく増えるでしょう。国内外を問わず多くの人々に愛され、ご活用いただける写真スタジオを目指す。そういう想いが込められています。

さらに加えるなら、業態が写真スタジオに留まる必要もありません。様々な業態に進化・発展させ、多くのお客様の人生の記念日を演出するには、写真や動画がもちろん有効ですけれど、重要なのはそれだけではないのです。ホッとできる空間を提供するビジネスだったり、花屋さんだったり、旅行会社さんなどを含め、実際に私たちが向かっていく具体的な業態は、まだ明確になっていませんが、ブレない軸として「人生の記念日を演出する業態」で、当社は展開していきます。

大小の記念日を積み重ねていく写真スタジオ。

万人に愛されるユニバーサルなスタジオ。そのスタジオには、成人式や七五三などの大きなイベントだけでなく、むしろちょっとした、本当に些細な記念日を積み重ねられる。そういうスタジオでありたいと思っています。例えばお子さんがテストで100点を取った。恋人と初めて出会った記念日。アニバーサルドリームという社名には、そんな私たちの想いが存分に詰まっています。

アニバーサリー + ユニバーサル。私たちは常に全力でお客様一人ひとりの満足を目指しますが、今以上に多くの方々に、サービスの良さを体験してもらい、知ってもらいたい。そして人生のかけがえのない記念日にしてもらうことが、私たちの最大の喜びなのです。その積み重ねにより、国民の生活に大きく貢献できる企業になります。これが将来的な究極目標です。

心を大切にした店舗を増やし、進化を遂げる未来。

アニバーサルドリームの「ドリーム」は、言うまでもなく「夢」を示します。私たちは「夢」という言葉が大好きです。夢を夢のままで終わらせないためには、やはり行動が必要。そして良い人生を送るためには夢が不可欠です。ビジネス上のビジョンも一つの夢だと思います。現在、当社は計画を立ててビジョン=夢に向かって進んでいますが、人生における夢も、皆さんには思い描いてほしいんです。夢の実現のために記念日もあるのだと思います。例えば七五三の写真を見てお父さんは仕事を頑張れるし、奮起する材料にもなります。記念日を振り返ることは大切なこと。「夢の記念日」との意味合いも、社名のアニバーサルドリームには潜んでいます。

写真スタジオで大切なのは、「物」ではなく「心」です。人生の記念日に心の満足を提供することで、国民の生活を変えられる企業に変わりたいと思います。そのためにも店舗を増やす必要があるのです。いくら良いサービスでも1店舗で100人を相手にするのと、10店舗で1000人にサービス提供するのでは、ご体験いただく人数の桁が違ってきます。将来的には目標数値まで店舗を増やし、人々の心の満足を与えていく。そういう業態へと、アニバーサルドリームは進化を遂げます。

スマホ向け表示