東 凜奈

石井 舞梨奈
Marina Ishii

いつも明るい声や笑顔が飛び交い
居心地の良い雰囲気だと感じています。

2021年4月(新卒採用)

長久手店副店長(取材当時)
東海学園大学 人文学部 人文学科 卒業

志望動機を中心に、入社経緯からお願いします。

学生時代に接客のアルバイトを行っており、カメラを趣味にしていたことから写真スタジオの仕事に興味を持ちました。中でもアニバーサルスタジオ長久手店は自宅から近く、赤いミニクーパーのある可愛らしいお店、といつも通りがかりに思っていたので親近感が湧き応募を決めました。入社の決め手は、教育が充実しているため未経験でも1年目でたくさん現場に入れる点でした。

面接で印象的だったことは?

他の企業や面接対策にあるような質問と違い、「家族構成は?」「家族の職業は?」「今までの人生は幸運だったか不幸だったか?」などバラエティ豊かな質問で驚いたのを覚えています。

大学の卒業時に実際にアニバーサルスタジオをご利用されたとか

そうなんです。家の近くだったので、お世話になりました。前撮りはデニム振袖、二尺、成約の二尺の計3着でした。支度、撮影中にスタッフの方々が沢山話題を振って下さり、緊張をほぐすことができました。
商品にするときも要望に合わせてアドバイスしていただき、両方の祖父母にミニアルバムをプレゼントしたところ、今はこんなものがあるんだ!と喜んでくれました。フォトブロックは自宅の玄関に飾っていて、母が特に気に入っています。
卒業式当日は社内発表会がある大切な日の当日に重なってしまったのですが、快くお店を開けて支度をして下さって嬉しかったです。着崩れやヘアの崩れなど一切なかったので一日中着用することができ、アニバーサルの技術に感動しました。

お客様側を経験したことが業務に活きる場面はありますか。

実際にお客として利用したことで、私自身もお客様の緊張をほぐすためにたくさん話題を作って積極的に話しかけていこうと思うようになりました。着物は特に撮影中などの移動が大変だと感じたので、お客様への目配りと声掛けを大切にしています。また、写真は家族の記念や思い出の象徴として一生残るので、より素敵な思い出になるように、私にできることを考え、お客様に積極的にご提案していきたいです。

入社後に改めて感じた、この仕事の魅力とは?

ヘア・メイク・着付け・カメラといった技術を一から学んで手に職をつけることができ、お客様に喜んでいただけることですね。また、子どもから大人まで様々な年代の方と関わり、一生に一度の記念日に携わることができることにも魅力を感じています。幅広い撮影にマルチに対応している写真スタジオは、意外と少ないんですよ。

副店長としての業務内容を教えてください。

副店長として学んでいる最中の部分ですが、予約を多くいただいている日や急遽ご来店があった時に、どのスタッフをどのように配置するかの店内オペレーションが一番大変に感じます。イレギュラーなことが起きた際にもまだ判断に迷ってしまうので、的確に指示出しを行っている先輩方をとても尊敬しています。

業務で大変に感じる点は?

入社当初よりも周りを見て動けるようになったことです。新入社員の頃は先輩の後ろ姿を見よう見まねでお稽古や接客を行っていて、自分のことで精一杯でした。ですが一年が経ち、出来ることも経験値も増え、以前よりも周りが見えるようになり、不安なく仕事に取り組めるようになってきていると実感しています。1年で全然違う自分になっていると感じていますね。

反対に嬉しく感じることは?

最近嬉しかったのは、店長代行として店内のオペレーションを行った日に、店舗のベテランスタッフや店長から「すごい!よく頑張ったね!」と褒めていただけたことです。また、新入社員の頃は毎日どんな場面でも一から教えていただきましたし、副店長になった今も、指示出しに迷うときはアドバイスをいただけ、どんな段階においても周囲の助けを得られる環境を有難く思います。

入社してから成長を実感している点は?

ヘア・メイク・着付け・カメラといった技術が入社当初より格段にスキルアップしていることです。日々のお稽古と現場実践での経験を重ね、できることが沢山増えていると思います。また、今年から役職をつけていただいたことで、より責任感を持って業務に取り組むようになり、意識も随分変わってきたと感じています。

アニバーサルドリームはどのような雰囲気の会社ですか?

入社前に利用した際は、一人一人に丁寧に接してくださるなと思いました。撮影する私だけでなく、付き添いで来てくれた家族にもよく声を掛けて下さっていました。入社後に感じた点は、先輩方はお忙しい中でも私たち後輩のことをよく見て下さり、良かったことは褒め、良くないことはしっかり指摘とアドバイスをして下さいます。後輩は素直で前向きな方が多く、私自身も負けないようにと良い刺激をもらっています。また店内はいつも明るい声や笑顔が飛び交い、スタッフもお客様も居心地の良い雰囲気だと感じています。

伊藤社長や、伊藤専務はどのような方ですか?

伊藤社長は社内のスタッフ一人一人をよく見て下さっている方です。先日お会いした際に、「石井さん、頑張っていますね」と声を掛けて下さり、とても嬉しかったです。
伊藤専務も同じく、一人一人を見て下さり、たくさん思いやりの言葉をかけて下さいます。またお忙しい中、店舗へ来て着付けのお稽古の時間を作って下さいます。社内全体で行われる着付け講習で、「着付け上達しましたね」と言っていただけて嬉しかったです。

今後の目標を教えてください。

今後は今よりもっと自信を持って業務全般に取り組んでいけるように経験を積んでスキルアップしたいです。先輩からは安心して任せてもらえるように、後輩からは頼られる存在になりたいと思います。また、お客様に顔と名前を覚えていただき、「また石井さんにお願いしたい!」と思ってもらえるようになりたいです。

頼れる先輩スタッフから、未来の仲間へメッセージ

一緒に働く仲間には、「できない、やれない」とマイナスに考えるのではなく、まずはやってみよう!と何事にも前向きに挑戦していくことを望みます。また、アニバーサルは相手の成長を願うために指摘をし合えるスタッフが多いので、言われたことを素直に聞き入れることが出来る人が向いていると思います。そんな風に前向きさをもって取り組んでくださる方と、頼もしい沢山の先輩のバックアップが合わされば、未経験でも必ず技術が身に付きます!

毎日の“ありがとう”をこめて
社長から、一人ひとりにメッセージ

配属先の長久手店は近隣の大学からアルバイトも多数在籍しており、特に役職が付いてからは教える側での苦労もある中、いつも前向きさと明るさを持ち、頑張っておられます。物怖じしない性格もあるのでしょう。初参加のゼクシィフェスタでも、先輩方に交じり楽しそうに接客する姿がありました。今後もさらに成長を続け、活躍の場が広がることを期待しています。