谷田 智子

谷田 智子
Tomoko Tanida

育ててくれたのは、愛ある激励と
日々の業務から芽生えた責任感。

2013年4月(新卒採用)

現緑店店長/大所帯の緑店を牽引
愛知学院大学 総合政策学部 総合政策学科 卒業

日々の業務内容から教えてください。

現在、私も含め社員4名、パートさん10名以上の緑店で店長を務めます。入社2年目で知立店の店長になり、3年目にここ緑店の店長になりました。業務としては、現場に入るというよりも、スタッフの誰にどの業務を行なってもらうか? まず1日の計画を立てて、納期の管理など裏作業をして、進めるべき作業を割り振ります。誰がどこに適しているかを考えること。それが私の業務としてはメインになります。割り振った進行計画を、実務では一つひとつ確認。私が全体をまわりながら進捗を追っていく流れです。早く進める必要があるところは、サポートとして私も一緒に作業します。

アニバーサルドリームへの志望動機で決め手となったのは?

経営理念である『歓喜・感動・共感の創造』の言葉に心を揺さぶられ、そういう会社に入りたいと感じました。美容やカメラなどに特別な興味があって入社した訳ではないんです。まず経営理念への共鳴ありき。学生時代はコンビニでアルバイトをしていて接客は好きでしたが、「だから何の仕事がしたい」とまでは深く考えていませんでした。漠然と接客は好き。でも何か特定の商品を売りたいのではないと考えた時、「人と関わり合いながら思い出づくりができる」ことを大きな魅力と感じ、応募を決めました。アニバーサルドリームは、私が本当に就きたくて入った会社です。

入社した直後に大変だと感じたことは?

美容、お着付け、写真撮影。全てが未経験で基礎から覚えることばかりだったので、それは本当に大変でしたね。ただ、逆に何も知識がなかったので、「そういうものなんだな」と素直に吸収できたのはあると思います。私はこうやっていたけど、ここでは異なるやり方なのか、とギャップや引っかかりを覚えることもありませんでしたし。単純に覚えること自体が大変なだけで、そこは自分が努力すればいいだけの問題。特に苦痛を感じることはなく、一つひとつの段階を着実に覚えることができました。

これまでの業務で大変だと感じたことは?

お着付けやヘアセットなど、先輩方から教えてもらって一通りをお稽古して覚えます。でも私は手先が不器用なため、細かいところになると、どうしても覚えるのが遅いんです。カメラも機械が苦手だったので、どういじったらどうなるかの仕組みがなかなか理解できずに苦労しました。2年目に入った直後、新しい店舗の副店長に任命いただいたので、後輩社員や新しく入ってくるパートさんへ教える立場になったんです。自分自身がしっかり各業務を覚え、きちんと教えなければならない。そういう意識が2年目で格段に高まりましたね。意識が変わった分、できることを増やすことができたと実感しています。

逆に嬉しいと思えるのはどんな時?

お客様がご来店されてから、お支度、ヘアセットなど美容に関わらせていただきます。ケースとしてはそれほど多くはないですが、美容のお支度後に、そのままお客様の撮影を私が受け持つことも。お客様が気づいて「さっき美容をやってくれましたよね。凄い。カメラもされるんですか!?」と驚かれることがあるんです。また、「美容院に行った時より、ここの方が良くしてもらえました」など、お喜びの言葉を頂戴した時が、とても嬉しいですね。

仲間の成長で嬉しさを感じることはありますか?

入社5年目。緑店の店長になって3年が経ちました。新しく入ってくる多くの仲間を見ていく中で、「この前入ったばかりだと思っていた子が一人で撮影業務をできるるようになった」だとか「自分が指導していた子が、もう新しく入ってきた人を教えている」など、頼もしい存在に成長していた時は嬉しく感じます。教える時間は本当に大変なんです。だからこそ、立派にお客様対応できるようになったり、後輩を指導する側になっているのを確認できると、感慨深いものがこみ上げてきます。

業務を通して、自身の成長を実感する点は?

いろいろ学ばさせていただいていますが、自分がこの業務を遂行すればいいというより、周囲のことを考えて、常に働いている仲間へ、細心の意識で仕事を振って時間管理をしたり、誰が何をできるか、またどうしたらできるようになるかなど、多角的に捉えられるようになったこと。それがアニバーサルドリームで私が成長できた点だと思います。そう自覚できるようになれたのは、仕事に責任感が生じてからです。

上司や先輩から教えられて印象深いことは?

たくさんの実になる言葉を頂戴してきましたが、特に忘れられない出来事があります。仰ってくれたのは専務です。入社してそれほど経っていない時期、私は早々に「美容は苦手だな」と感じていました。逃げ腰で決めつけていたんです。「私は美容が苦手です」と、その相談を専務にしたところ、「谷田さんは、苦手だって言えるほど、まだやってないよ」と言われました。まさに核心を突かれ、正直グサリときましたね。ただ、そのきっかけで、一気に霧が晴れたというか。「あ、そうか。私、美容が苦手じゃないかもしれない。だってそこまで、まだ向き合ってなかったから」と思えたんです。まだ片足しか踏み入れていない状況で「苦手だから」と逃げようとしていたんだって気づきました。専務が放ってくれた言葉の真意は「もっとやってから言いなさい」だったと思うんです。この瞬間から、初めて前向きに取り組めるようになりました。アニバーサルドリームで働く私の大きな転換期ですから、今でも強く印象に残っています。

伊藤社長はどのような人ですか?

社長なのに近しい存在。社会経験をたくさん積んできた上司たちに伺うと、一般的に社長という存在はもっと社員にとって近づきにくかったり話しづらかったり、もっと遠い存在だといいます。でも当社の伊藤社長は、決してそうではありません。何かあれば相談しやすい方です。会議の時は真剣に熱く会社の将来を見据えたお話もされますし、もちろん組織の長として厳しい時もあると思います。私も含め、スタッフ全員が、これからもついていきたいと感じられる社長です。社長の奥様である専務は、とにかく全てのことを明るく楽しもうとされる方。ポジティブの塊だと尊敬しています。楽しくやっていくことを徹底するために、守るべきルールは守り、しっかりやっていこうという強い信念を感じるんです。仕事の厳しさと楽しさの両方を教えてくださる大切な存在です。社長と専務の言動一つひとつが、私にとって、後輩を指導する時の道しるべになっています。

アニバーサルドリームの優れた点とは?

それはたくさんありますが、特に言えるのはサービス精神の強さだと思います。それは例えば、プランに乗っている内容だけでなく、「こちらの方がお似合いだと思います」や「こちらのパターンもいかがですか」と積極的にお客様目線で提案させていただく点。アニバーサルドリームは、お客様との距離感が近く、そこを非常に重要視している会社ではないでしょうか。ただ全員が「そうすべき」と義務感でやっているのではなく、自然と「お客様のためにこうしたい」と自発的に行動している。そういう社風、雰囲気があるんですね。「売上がどうこう」の前に「こうしたらもっとお客様に喜んでもらえる!」、「こうすればもっと良い写真になる!」、「この音楽が好きだと言っていたので撮影中はこのCDをかけておこう」などなど、お客様が楽しく過ごせるように考えて行動しています。そこが最大の強みだと感じますね。

今後の夢・目標を教えてください。

業務内容としては、一通りの経験を積まさせてもらいましたが、私自身まだまだだと思っています。先輩よりも後輩が多くなった状況で、役職に限らず、店舗そのものや仲間一人ひとりの助けになれる存在になりたいです。「いて助かる」と思われたいんですよね。「後輩がやるので、先輩だからこの仕事はしなくていい」ではなく、むしろ率先して何でもやる人間でありたい。「働く皆が働きやすい職場」。それがいちばんだと思いますので、そんな環境をつくり続けていくことが、変わることのない目標です。50店舗まで展開していく目標が会社としてありますので、スタッフ全員、足並み揃えて進んでいきたい。社員もパートさんもアルバイトさんも、全員で協力しながら店舗を確実に増やし、アニバーサルドリームという企業を大きくしていけたらなと思います。

頼れる先輩スタッフから、未来の仲間へメッセージ

積極的でポジティブ、性格的に素直な人を歓迎します。

初めての社会人経験であれば、時に理不尽だと過剰に感じてしまうこともあると思うんです。「自分はこう考えているのに、思い通りに進まない」と戸惑う時もあるでしょう。
でもそこで我を張り、周囲の意見を突っぱねてしまうと、そこからの成長がありません。
居場所がなくなってしまっては、やる気も能力も発揮できなくなってしまいます。

まずは仲間たちのアドバイスを受け入れられる。そんな素直さを持った人材を望みたいです。
そういう人が努力を惜しまなければ、絶対に大きく成長できる会社ですから。

毎日の“ありがとう”をこめて
専務から、一人ひとりにメッセージ

谷田さんは、どんな業務も高い水準で遂行できる優秀な女性。責任感も強く、しかも我慢強い。当社にとってかけがえのない、パーフェクトな人材だと思ってます。
きめ細やかなディレクション。お客様や仲間たちへの柔らかな接し方。本当に素晴らしいの一語です。人を頼ることの重要性を理解していなければ、こういう行動は絶対にできません。
経営側の私から見ても勉強になる部分が、彼女にはたくさんあります。大所帯の緑店を明るくリードしてくれる谷田さんのさらなる成長を見守り続けていきたい。そう思っています。

スマホ向け表示